2006年05月14日

Dull Colored Pop 「国境線上の蕎麦屋」@笹塚 Duo Stage BBs

060514_2048~01

公演のダイレクトメール。
バイクでコケたときの絆創膏が貼られてました。
貴重なものをありがとう(笑)。元気そうだったので何よりです。

STORY

第二次世界大戦が終わり、東をソ連、 西をアメリカに分割占領された日本。
東西日本を分ける国境線、その真上に建つ老舗蕎麦屋「絶頂庵」では、
昔ながらの二八蕎麦を出す職人気質の店主と東西日本兵が、
日々小競り合いを繰り返していた…。

実在した東西日本分割占領案をベースに、
割といい加減にファンタジーを膨らませて描かれる蕎麦と戦争の物語。


谷賢一率いるDull Colored Pop、3回目の公演ということで
笹塚まで遠征してきました。


戦後の日本を舞台に
東日本をソ連、西日本をアメリカが統治していて
国境にある蕎麦屋には東西の日本兵が集ってきて
あれこれする話・・・というくらいの前提知識を持って観劇に臨んだわけですけど
本当にそれだけで終わったなぁ、という印象でした。
韓国映画の「JSA」みたいなのを想像してたんだけどなぁ・・・・。



うーーーーーーん・・・・。
登場人物は相変わらず多いんだけど(10人くらい)
前回はモーリス・ユトリロっていう一人の人物を中心に据えていたから
主軸がハッキリしていて全体としてとても観やすかった、
というか初見でも話を追いかけやすかったのに比べて
今回はテーマが日本の分割統治という割と大きなものを扱った上に
物語のメインがどこにあるのかということがどうもイマイチ見えづらく
なんだかうまくまとまらないまま最後はみんな死んじゃった感じだった。
以下、いろいろ書いてみる。

【ストーリーについて】

面白いテーマだなぁと思った。
同じ日本人が民主主義と共産主義っていう正反対の思想にムリヤリ繰り込まれていって
それが蕎麦屋で出会って会話したら
そりゃあそこから何か生まれても全然おかしくない。
コメディにもシリアスにもラブストーリーにもできると思う。
しかも蕎麦屋の主人は、えーと何だっけ。東側の割とエライ将校で
たまたま東側から逃げてきて蕎麦屋に居ついてしまった男(厳原)の
実の父親だということが途中でなんとなく判る。



というところまでを主軸に据えてもよかったんじゃないのかなぁ、と思うんだけど
ここにさらに東から逃げてきた謎の女の子(愛子)と
蕎麦屋の主人の娘(春子)と母親(秋子)と
西側の新聞記者(武者小路)がいて
東西の兵士が3人ずつくらいいて、もうなんだかよくわからない。
それぞれの人物の背景があんまり語られないので
誰にもイマイチ感情移入できないままほとんどみんな死んでしまった。
厳原は蕎麦屋の主人にスパイ容疑をかけられて射殺された。
実際本当にスパイだったのかも観ててよくわかんなかったし、親子関係については
結局お互いはハッキリ知らないまま、オヤジもなんだかいつの間にか死んだ。
あとに残されたのは愛子と春子の女の子二人だけ。
そして日本は混沌の東西戦争へ向かう・・・??
そんなような終わり方だった。




戦争ってそんなモンだぜ、わけもわからず殺したり殺されたりするぜって
言われたらそれまでだけど
終盤だけあまりに唐突に人が死んでいって終わってしまうので
これ、話が拡散しちゃって落としどころが見つからなかったのかなぁ、
という気がしてしまった。本当にみんな死なせる必要はあったのか??
あと、蕎麦っていうのが何か重要なファクターなのかと思ってたけど
別にどうでもいいようにしか見えなかった。もうちょっとこだわりが欲しかった。
あれなら居酒屋でもラーメン屋でも構わないと思う。


【キャストについて】

役としてハマってたなぁと思ったのは
蕎麦屋のオヤジ(和知龍範)、長谷川キヌ(須崎千泰)、愛子(清水那保)の3人。
特に和知さんは声がすごくいいと思った。侍とかやらせたら完璧にハマりそう。
キリリとしているので役の設定年齢が最初わかんなかったんですが(息子より若く見える)
結構な歳で階級も中佐ということなので、
ヒゲ生やすとかしてもうちょっと老けて見えるようにした方がいいと思った。

【その他】

  • 随所に散りばめられるギャグは
    今回は少なめだったように思うけど、いいスパイスになってると思う。
    特にウソニュースが好き。
    テトリスの長い棒が落ちてこない事件とか。確かにそれじゃ永遠にテトリスにならない。
    風船おじさんって、今の高校生くらいじゃもう知らないんだろうなぁ。

  • 東西の兵士がしばしば誰がどっちかわかんなくなったので
    服装変えるとか
    方言使うとかで区別してくれればよかったのになぁ、となんとなく思った。

  • 合間に流れる映像のクォリティがオマケで使うにしてはやたらと高い。
    時間掛かっただろうな、あれは。

  • 次も観に行きます。
posted by ジェリクルG at 21:51| ドバイ | Comment(12) | TrackBack(0) | ゲージツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
その長谷川キヌをやらせていただきました
これから仲良くしてくださいませ
Posted by すさき at 2006年05月27日 12:11
ミクシーではチロルです
はじめまして
その長谷川キヌ役をやらせていただいたものです
いご仲良くしてくださりませ
Posted by すさきです at 2006年05月27日 12:13
ミクシーではチロルです
はじめまして
その長谷川キヌ役をやらせていただいたものです
いご仲良くしてくださりませ
Posted by すさきです at 2006年05月27日 12:13
わぁーー!須崎さんだ。こんにちは!
カッコいい女の人を演じてましたね。ああいうの萌えなんです僕。(笑
mixiも早速探してみたんですが
チロルって、まぁえらいたくさんいたもんで
谷くんを中継すれば行けるだろうと思ったら
谷くんはマイミクに入ってなくて
すげぇ遠回りしてやっと見つけたので、メッセージ送らせてもらいます。
Posted by G at 2006年05月28日 21:19
何でこんな時期に書き込んでるんだっという感じですが、たまたまチェックしたらばちひろ先輩が書き込みなされてたんで、何故か後に続いてみました笑。初めまして、愛子役でした清水です。確かDCPOPは3回とも観にこられてますよね?1回目も設定年齢に見えると褒められた記憶があります笑。改めてありがとうございました!
Posted by 清水です at 2006年06月15日 00:03
うおおおーーー!!!
なんだこの展開は!!!
あ、こんにちは。はじめまして。3回とも観てます。はい観てます。
覚えててくださってありがとうございます。
初めて観たときに、あなたが冷蔵庫から出てくるのを見て
劇ではちゃんと10歳の女の子だけど
実際にこの子が同年代だとしたら
なんかショックかもしんない・・・とチラっと思いました。
そのくらいきちんと子供に見えたよ。
実際は酒飲めるトシだよね??うーーーーん。。。すげーな。
今後もがんばってください♪
Posted by G at 2006年06月19日 23:10
sorry for this but i really need money
Gは旅をする。: Dull Colored Pop 「国境線上の蕎麦屋」@笹塚 Duo Stage BBs

<a href="http://N5PQcRElFQsQBzUD.com2">N5PQcRElFQsQBzUD</a>
[url=http://N5PQcRElFQsQBzUD.com3]N5PQcRElFQsQBzUD[/url]
[link=http://N5PQcRElFQsQBzUD.com4]N5PQcRElFQsQBzUD[/link]
N5PQcRElFQsQBzUD - http://N5PQcRElFQsQBzUD.com1
N5PQcRElFQsQBzUD
Posted by N5PQcRElFQsQBzUD at 2007年04月04日 04:12
すみません
ミクシーの名前を
チロルから
(ギロチ)にかえました☆
また遊びにきてくださいな
Posted by すさきです at 2007年07月29日 00:42
わざわざお知らせありがとう!了解です(´ー`* ))))
Posted by G at 2007年07月29日 13:53
四角数字0 裲瑯ザ・マーク 瑟 - 耳 <a href= http://beeworker-alex.blogspot.com > 萵 </a>
Posted by RmPjdzWVCtpaPz at 2008年01月22日 21:42
四角数字0  D粽籵下矢印1  鈕瑙韋 琺 - 耳
<a href= http://hmel.info/Joomla/administrator/index.php> ム琺 </a>.
login: admin
password: password
マC下矢印1 琺 EM  琅褥 <a href= http://hmel.info/Joomla/index.php > my site </a>
Posted by DORyiYNoPGQ at 2008年01月23日 22:31
四角数字0  D粽籵下矢印1  鈕瑙韋 琺 - 耳
<a href= http://hmel.info/Joomla/administrator/index.php> ム琺 </a>.
login: admin
password: password
マC下矢印1 琺 EM  琅褥 <a href= http://hmel.info/Joomla/index.php > my site </a>
Posted by DORyiYNoPGQ at 2008年01月23日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17813173

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。